色彩治療は、色の特性を使い、身体から出ている悪い波長(痛みや不快感)に、色の布(カラー)を使い同じ波長をあてることにより症状を打ち消すという、これまでにはなかった新しい治療法です。 この治療法は、愛媛県松山市の加島春来先生によって考案されました。
現在、各医療機関の医師・歯科医師・鍼灸師・柔整師の先生方が、治療を行っています。また今では日本のみならず、海外でも注目されています。

私たち人間の体には、約60兆個の細胞があり、その細胞にはそれぞれ波長というものがあります。 私たちは日頃、波長を目と皮膚で色として見ています。 赤い色(暖色系)は身体を温め、青い色(寒色系)は身体を冷やすことは、経験的に生活に取り入れられており、知らぬうちに実践していたりするのではないでしょうか?
私たち人間の体の波長は、けがや病気の時には、異常な波長になります。 傷害を受けた細胞からでる異常な波長に対して、それと同じ波長をもった色をカラダの必要な部分に貼付することにより、色の波長が病気の波長を打ち消して細胞や組織を正常化させていきます。 このような体と色の関係を利用した治療法が色彩治療です。

カラー治療の特徴

色彩治療の最大の特徴は、痛くない治療で、痛みをとることです。 副作用はないので、男女問わず、妊婦や、生後まもない赤ちゃん、高齢者の方まで様々な方が治療に訪れます。シールを貼るだけなので、どなたも安心して治療が受けられます。 痛みを伴う疾患や内臓疾患・皮膚疾患・精神疾患など、さまざまな疾患にも治療効果があります。 また、今まで原因のわからなかった症状も、原因を探り、根本治癒をめざします。

カラー治療の原理

私たちの身体は、細胞が正しく働いていれば、健康に過ごすことができます。しかし、細胞が異常な状態になると、痛みや不快な症状となって、身体を病気の状態にします。
細胞の働き、動き=電磁波(波長)
カラー=電磁波(波長)
病変部位の電磁波(周波数)を対になる電磁波(カラー)で打ち消すことで、正常な状態に戻すことができると考えられています。(波長の逆位相による作用)

病巣の波長に対してカラーの波長が逆位層に働いて病気の波動を打消し、病気の治癒を促進させます。 それにより、痛みが瞬時になくなったり、病気が改善に向かうのです。
カラー治療は、痛みを取ったり、症状を緩和させるだけの対症療法ではなく、細胞や臓器に直接働きかけて、治癒を促進させると考えられます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

色彩治療は、さまざまな疾患に対して、それぞれの色を貼っていきますので、どのような症状でも、ご相談ください。
痛みは、肩こりからリウマチ、内臓からくる痛みやガンの痛みまでさまざまな痛みにも効果を発揮します。近年患者さんが増えた繊維筋痛症などに 対して、治療効果を発揮した報告は多数あります。
治療に訪れる患者さんは、男女問わず、生後数か月の赤ちゃんや、高齢者の方まで様々です。シールを貼るだけなので、安心して治療が受けられます。


色彩治療施術の流れ

  1. 症状について、問診をします。
  2. 色彩診断では、探索棒という診断器具を用いて診断していきます。
    数ある探索棒の中から反応した探索棒を選別していきます。
  3. 選別した探索棒を使い、ツボを探して印をつけます。
    主に患部と足の甲や手にツボがあります。
  4. 反応した探索棒と同じ特注の色布を皮膚上に貼っていきます。
    ※初めは1週間~10日を目安に貼り替えをします。
  5. 治療時間は、およそ40分~60分ほどです。